プログラム

浄化Cleansed

演出:
オスカラス・コルシュノヴァス
作:
サラ・ケイン
概要:
“愛に生きるのは、アウシュビッツで生きるようなもの”(ロラン・バルト)——大学のような施設に兄を訪ねてきた女と収容されている男たち。彼らに拷問のような治療を施す医者…。イギリスの早世の劇作家、サラ・ケインの戯曲を、グロテスクでありながら詩的に、鮮烈に描く。
会場:
岩舞台
上演日時:
9月20日(金) 19:00
9月21日(土) 21:00
上演時間:
90分

演出家紹介

オスカラス・コルシュノヴァス
© D.Matvejevas

オスカラス・コルシュノヴァス(リトアニア)Oskaras Koršunovas(Lithuania)

Cleansed

© D.Matvejevas

Cleansed

© D.Matvejevas

Cleansed

© D.Matvejevas

Cleansed

© D.Matvejevas