開催概要

第9回シアター・オリンピックス
日本/ロシア共同開催

日本開催 2019年8月23日(金) ― 9月23日(月)
芸術監督 鈴木忠志
会場 利賀富山県利賀芸術公園
黒部宇奈月国際会館「セレネ」
前沢ガーデン円劇場(野外ステージ)
ロシア開催 2019年6月 ― 11月
芸術監督 ヴァレリー・フォーキン
会場 サンクトペテルブルク

シアター・オリンピックスとは

鈴木忠志、テオドロス・テルゾプロス、ロバート・ウィルソン、ユーリ・リュビーモフ、ハイナー・ミュラーら、世界各国で活躍する演出家・劇作家により、1993年にギリシアのデルフォイにおいて創設された国際的な舞台芸術の祭典。
芸術家同士の共同作業によって企画されることを特徴としていて、世界の優れた舞台芸術作品の上演のほか、次世代への教育プログラムも実施される。
1995年のギリシア(デルフォイ、アテネ、エピダウロス)を皮切りに、日本(静岡)、ロシア(モスクワ)、トルコ(イスタンブール)、韓国(ソウル)、中国(北京)、ポーランド(ヴロツワフ)、インド(ニューデリーなど)と8カ国で開催されてきたが、2つの国で共同開催されるのは今回が初めてとなる。

上演作品

シアター・オリンピックス国際委員の作品

鈴木忠志

『リア王』、『サド侯爵夫人』
『世界の果てからこんにちは』

第9回シアター・オリンピックス芸術監督(日本開催)
鈴木忠志(日本)

ヴァレリー・フォーキン

『Today. 2016-…』

第9回シアター・オリンピックス芸術監督(ロシア開催)
ヴァレリー・フォーキン(ロシア)

ロバート・ウィルソン

『Lecture on Nothing』

ロバート・ウィルソン(アメリカ)

テオドロス・テルゾプロス

『トロイアの女』

シアター・オリンピックス国際委員会委員長
テオドロス・テルゾプロス(ギリシア)

『マクベス』ラタン・ティヤム(インド)

『名もなき花は風に散る』チェ・チリム(韓国)

『天と地の間の生』リュー・リービン(中国)

『Medeas. On Getting Across』ヤロスロウ・フレット(ポーランド)

  • 『Katzelmacher』 アン・ボガート 演出(アメリカ)
  • 『マクベス』 アレサンドロ・セラ 演出(イタリア)
  • 『青い鳥』 マティア・セバスティアン 演出(イタリア)
  • 『The Journey of Life』 レスツ・I・クスマニングルム 構成(インドネシア)
  • 『All is Night Now』 パコ・デ・ラ・ザランダ 演出(スペイン)
  • 『New Paradise of Silent Island』 ホ・シャオメイ 振付(台湾)
  • 『蘭陵王』 ワン・シャオイン 演出(中国)
  • 『ゴドーを待ちながら』 シャイカ・テカンド 演出(トルコ)
  • 『Removing』 ノエ・スーリエ 振付(フランス)
  • 『Amarillo』 ホルヘ・A・ヴァルガス 演出(メキシコ)
  • 『Cleansed』 オスカラス・コルスノヴァ 演出(リトアニア)
  • 『The Twelve』 アントン・オコネシュニコフ 演出(ロシア)
  • 『ホーメイ』 アラッシュ 演奏(ロシア)
  • 『羯諦羯諦』 SAMGHA/真言聲明の会 出演、高田みどり 音楽(日本)
  • 『天守物語』 宮城聰 演出(日本)
  • 『東京ノート・インターナショナル版』 平田オリザ 作 ・ 演出(日本)
  • 『剣を鍛える話』 中島諒人 演出(日本)
  • 『still / speed / silence』 金森穣 演出 振付、原田敬子 音楽(日本)
  • ※上演プログラムの他、シンポジウム、レクチャー、トークなどを開催。